相続税申告の流れ

ある程度高額な財産を相続した場合、関わってくるのが相続税です。
今回の記事ではこの相続税の申告について、その流れを解説しますので参考にしてください。
相続税の申告をするタイミングは、一般的に相続の一連の流れの中で最後の方になります。
死亡診断書の取得や死亡届の提出、葬儀、遺言状の有無の確認、法定相続人の確認と確定、故人の財産調査、遺産分割協議と相続方法の決定、大まかに相続の流れを解説するとこのようになりますが、相続税の申告はこれらを全て済ませてからスタートすることになります。
“相続税申告の流れ” の続きを読む

相続放棄の流れ

故人と法定相続人の関係性は、多くの場合極めて近しい関係であり、相続人は素直に故人の死を悲しんでいることが多いですよね。
しかし、世の中にはそうでないケースも多々あるものです。
何か特別な事情があり、故人の死を純粋に悲しむことができず、法定相続人ではあっても相続に関わりたくないと思う遺族がいるケースも珍しくありません。
故人に負債があることが判明している故に、法定相続人がそれを相続したくないと考えるケースもあるでしょう。
それぞれに事情は違いますが、法定相続人が相続を拒否したいと望むケースは決して珍しいものではありません。
そんなときに選択肢として選ばれるのが、相続放棄なのです。
“相続放棄の流れ” の続きを読む

相続における遺産分割調停・審判の流れ

普段は他人事のように思えても、ある日突然目の前に突き付けられるのが相続と言うものです。
前々から相続人が話し合い、十分な時間をかけて協議していれば問題も起こらないかもしれませんが、そうはいかないものですよね。
相続の際、相続人は遺産分割協議を行うことが多いですが、突然のことなので意見がまとまらないことも多々あります。
そんなときに必要となるのが、遺産分割調停、遺産分割審判なのです。
“相続における遺産分割調停・審判の流れ” の続きを読む

相続登記の流れ

相続登記の流れは簡単に言うと、「必要書類を揃えて法務局で登記申請する」という流れになります。
しかし実際には、まず自分の相続がどのようなケースに該当しているのかを確認することからスタートすると言えるでしょう。
相続の形によって必要な書類が全く違ってくるからです。
とくに特別なことはなく、法定相続人が法定相続分の不動産を相続するケースが一番多いですが、そうでないケースも多々ありますよね。
遺産分割協議によって法定相続分を修正して相続するケース、遺言状が遺されておりそれに基づいて相続するケースなどもあるのです。
“相続登記の流れ” の続きを読む

相続の前段階の流れと役所への死亡届

身内が亡くなると、それと同時に相続が発生します。
相続の流れは相続人が相続するか否かの決定をし、遺言状の有無を確認し、法定相続人を確定するなどしてから始まりますよね。
しかし、このような相続の流れは、一般的に葬儀や埋葬などを済ませてから本格的にスタートさせるものです。
役所への死亡届提出も、相続をスタートさせる前に行わなければならない手続きの一つであると言えるでしょう。
今回は主に被相続人が死亡して最初に行うべき部分について解説します。
“相続の前段階の流れと役所への死亡届” の続きを読む

相続登記の流れと司法書士

相続の流れは一般的に、相続するか否かを決定、次に遺言状の確認、法定相続人の確定、遺産分割協議と相続方法の決定、必要に応じた各種手続き、といった流れになります。
相続登記は、この中で言うと最後の必要に応じた各種手続きのうちの一つです。
相続登記とはそもそも、不動産に関わる手続きです。
土地や家屋など、不動産を相続する場合、その名義変更が必要ですよね。
その名義変更が相続登記です。
“相続登記の流れと司法書士” の続きを読む

銀行などの預金相続とその流れ

相続が発生すると行政機関での相続手続きがとても忙しくなりますよね。
相続放棄や限定承認を選択したいという法定相続人がいた場合にはなおさら大変になります。
しかし、相続で必要になるのはそのような行政機関での手続きのみではありません。
銀行など金融機関での預金相続の手続きも必要になります。
今回はその流れについて解説します。
“銀行などの預金相続とその流れ” の続きを読む