相続登記の流れ

相続登記の流れは簡単に言うと、「必要書類を揃えて法務局で登記申請する」という流れになります。
しかし実際には、まず自分の相続がどのようなケースに該当しているのかを確認することからスタートすると言えるでしょう。
相続の形によって必要な書類が全く違ってくるからです。
とくに特別なことはなく、法定相続人が法定相続分の不動産を相続するケースが一番多いですが、そうでないケースも多々ありますよね。
遺産分割協議によって法定相続分を修正して相続するケース、遺言状が遺されておりそれに基づいて相続するケースなどもあるのです。

まず法定相続分の不動産を相続するケースですが、これは故人の戸籍謄本、死亡時の本籍入り住民票もしくは戸籍の附票、相続人の住民票と戸籍謄本、不動産評価証明書が必要です。
司法書士に相続登記を依頼する場合には委任状も必要になります。
この中で不動産評価証明書と司法書士に依頼する場合の委任状はどのようなケースの相続登記であっても必須となる書類です。

次に相続分を修正する場合ですが、この場合は遺産分割協議書も必要となります。
相続人全員が合意していないと効力がありませんので、相続人全員が実印で捺印したものが必要です。
そしてその実印を証明するため、相続人全員の印鑑証明書も必要となります。

遺言状がある場合には、その遺言状も必要書類となります。
ただし自筆や秘密証書遺言の場合は検認を済ませておく必要があります。
検認は家庭裁判所で手続きすることが可能ですが、これはある程度の日数が必要なので注意しましょう。

このようにケースバイケースで必要となる書類が大きく異なってきます。
戸籍謄本や住民票もケースによって誰のものがどのような記載内容で必要となるのかが異なってきますので、注意しましょう。

これら書類を用意したら、後は法務局で登記申請するだけです。
相続登記は登記申請よりもむしろ必要書類を揃える部分が大変なのですので、司法書士に依頼する場合は、登記が発生した段階ですぐに相談しておくのがおすすめです。