ケースによって変わる相続の流れと専門家

故人の生前の行動や遺族との関係などによって、相続の流れと言うものは千差万別となります。
それぞれに異なる相続の流れによって、頼るべき専門家も違ってくるのです。

まず相続税が発生する場合ですが、この場合は「税理士」が最適任者であると言えるでしょう。
相続税とはある程度高額な相続が発生した場合に必要となる税金です。
税金ですので、税金のスペシャリストである税理士が専門家であると言えますよね。
実際に相続税の申告は相続人本人か税理士にしかできません。
ただし実際に相続税が発生する相続と言うのはかなりレアなケースではあります。
基本的に3600万円以上の相続財産がある場合に必要な税金ですが、3600万円以上だから必ず発生するとも限りません。
遺産が高額な場合は、まず相続税が発生するか否かを税理士に相談しましょう。

不動産の相続があり相続登記が必要となる場合は、「司法書士」に任せましょう。
不動産の相続は非常に高い頻度で発生しますので、多くの人が相続の際に司法書士に頼っています。
何故相続登記が発生したら司法書士なのか、その理由は「登記の代行業務は司法書士か弁護士にしか行えないから」です。
とくに司法書士は登記のスペシャリストですので、相続税が必要なかったり、特別な事情がない場合だったり、いわゆる「普通の相続」の場合は、基本的に相続は最初から司法書士に依頼してしまうのがおすすめとなります。

最後になにか相続を巡ったトラブルが発生した場合です。
トラブルが発生すると、それが調停や審判にまで発展することがあります。
そのようなケースの場合には、やはり「弁護士」に依頼するしかありません。
調停や審判の場において正式に代理人を務めることができるのは弁護士のみだからです。

このように相続の流れによって頼るべき専門家は違ってきます。
まずは自分たちに発生した相続がどのようなケースでどのような流れとなるのかを把握し、最適任となる専門家に依頼することが重要なのです。