専門家にお願いする前に抑えておくべき相続対策の流れ

相続

相続の手続きを進めるには、専門家に頼むのが1番です。
しかし例え専門家でも、いきなり押しかけて「相続の手続きをお願いします」と全て投げつけられてしまうと、対処のしようがありません。

そこで専門家にお願いする前におさえておきたい、相続の流れについて取り上げます。

まずは、それぞれの専門家について把握しておきましょう。
「相続の専門家」と一言言っても、弁護士・税理士・税理士・行政書士・司法書士と色々です。
相続の手続きが何もかも全てできる専門家はおらず、できることが限られています。

だから相続の手続きを全て専門家に任せるのは、不可能に近いことです。
ネットで探すと「相続の手続きを全て承ります」と宣伝している所も見受けられますが、弁護士・税理士・税理士・行政書士・司法書士が連携を取っているからできることです。

弁護士ができる範囲は、法律に関わることです。
例えば遺言書を作成する際、法律に関するトラブルを予想して作成することができます。
遺言書にまつわるトラブルとして考えられるのが、「遺言書は偽物だ」と相続人の1人が言い出すことです。
被相続人本人に直接聞くわけにはいかないので、本物かどうかを証明するのは難しいです。
でも弁護士であれば、遺言書が間違いなく本物であると分かるように作成することができます。

税理士ができる範囲は、相続税に関わることです。
相続税の支払額は人によっては膨大なものになり、生活に多大な影響を与えてしまう恐れがあります。
でも税理士に任せれば特例適用をフルに活かし、税額を抑え込むことができます。

行政書士ができる範囲は、書類作成に関わることです。
書類作成においてどうしても必要になるのが、相続人調査です。
「誰が相続人になるのか知っている」という声もあるでしょうが、相続が発生した後に新たな相続人が出てトラブルになったケースは少なくありません。
でも行政書士に頼めば、誰が相続人になっているのかを正確に把握することができます。
相続人が正確に分かれば、相続の手続きもスムーズに進むでしょう。

司法書士ができる範囲は、不動産に関わることです。
相続財産の中に不動産が含まれていれば、被相続人から相続人への名義変更が必要です。
名義変更の手続きは非常に難しいものですが、司法書士に頼めば楽に済ませることができます。

相続の手続きに悩んでいるのなら、相続の「何に」悩んでいるのかを把握して下さい。

そして悩みを解決してくれそうな専門家に頼み、相続の手続きを進ませておきましょう。