相続手続きに必要なこと一覧

相続

相続手続きをする上で、必要な手続きや申請も多々あります。
しかし、その手続きや申請について知っている方は、おそらくほとんどいないでしょう。
そもそも相続をする機会が人生でも、多くて一度や二度です。
場合によっては三度ほどあるかもしれませんが、自分に直接関わりがある相続に関しては、ほとんどないというのが現実なのではないでしょうか。
実際に近年は相続するものがそもそもないという方も多いですし、相続よりも借金やローンがあって相続放棄するという方も増加傾向にあります。
その結果、やはりどうしても相続に関する知識を付けようとは思いませんよね。
ただ、知識があれば節税することも可能ですし、場合によっては得をするということもあるかもしれません。
そこで、まずはどのような手続きが必要なのかについて、知っておくことが重要です。
ここでは申請についての一覧というよりは、必要なことをまとめていきます。

まず、相続手続きで必要となるのが、もらえる手続きです。
相続人として被相続人から色々と遺された場合、その中からもらえるものをピックアップして相続していくということも可能となります。
もちろん、相続するからには、必要なものをすべて相続する必要もあるのですが、このもらえる手続きをしっかりしておくことで、国に搾取されることなく得ができます。
次に必要となってくるのが、引き継ぐ手続きです。
こちらは被相続人が所有していた住宅や土地、車などを引き継ぐための手続きとなります。
これをやっておかないと所有権が相続人ではなく、被相続人のままになってしまうので注意が必要となってきます。
当然ですが、被相続人が亡くなっているのですから、所有権も相続人に引き継ぐことが必要となってくるのです。
その他、やめる手続きも必要となってくるでしょう。
例えば、被相続人が加入していた保険などはもちろん、その他の契約などに関しても、やめる手続きを取っておくことが必要となります。
最後に、専門家に依頼する手続きもチェックしておきましょう。
相続手続きの場合は、必要となる書類もあり、専門家でなければ取得できないものがあります。

基本的にこの手の手続きに関しては、わからないことも多いでしょう。
その場合は、まずは色々な専門家に相談することをおすすめします。
司法書士をはじめ、行政書士や弁護士、税理士などを活用すると良いでしょう。
まずは専門家に相談して、問題を解決していきましょうね。

専門家にお願いする前に おさえておくべき相続対策の流れとは

相続01

相続手続きは、専門家に任せれば安心できます。しかし何もせずにそのまま専門家に押し付けるのは、おすすめできません。ある程度は相続人側も準備を進めておきたい所です。
そこで専門家にお願いする前に、おさえておくべき相続対策の流れについて取り上げます。

よく見かける相続対策としては、生前贈与が挙げられます。年110万円以下ならば贈与税もかからず、財産を減らすことができるので節税対策として有名です。また遺言書をしっかりとのこすことで、トラブル防止になるとも伝えられています。しかし生前贈与も遺言書も、被相続人が健在だったらばの話です。相続が発生する前に準備をしておくのに越したことはありませんが、相続が既に発生しているとなるとどうしようもありません。
では相続が発生した後、おさえておくべき相続対策は何になるのでしょうか。ズバリ「現状把握」です。

料理を作る時は作り方だけでなく、何の材料があるのかを把握した上で料理に取り掛かります。相続も同じで、相続人や相続財産をしっはり把握しなければ手続きは進みません。専門家に頼む際にも、現状について事細かく聞かれるかとおもいます。質問に対してスムーズに応えることが出来れば、専門家としても大助かりです。
ただ現状把握に関しては、事細かい部分まで行う必要はありません。事細かい所まで調べるとなると、専門的な知識が必要となります。専門家に頼む前の段階であれば、出来る範囲内で十分です。後は専門家に委ねて、詳しく現状分析してもらって下さい。

ただ相続の手続きにおいて、1番に対策を立てておきたいのが遺産分割についてでしょう。遺言書がない場合は相続人同士で話し合いをして、話がまとまったら協議書として形にのこします。文面に表したら簡単なように見えますが、数ある手続きの中でも遺産分割が1番厄介です。
遺産分割対策で効果絶大の方法は、相続人になる者同士がお互いに譲り合い仲良くすることでしょう。しかし相続が絡むと、仲が良い間柄でも無残に引き裂かれることがあります。実際に相続が引き金となり一家離散の憂き目にあい、散々な目に遭った人は少なくありません。

「絶対に相続争いが起きない方法」という方法はなく、こればかりはお互いしっかり話し合うことしか方法がないのが現状です。話し合った結果まとまらなければ、専門家の力を借りましょう。
専門家は中立的な立場で、相続の手続きを進めてくれます。間に第三者が入れば、トラブルも収まるでしょう。

専門家にお願いする前に抑えておくべき相続対策の流れ

相続

相続の手続きを進めるには、専門家に頼むのが1番です。
しかし例え専門家でも、いきなり押しかけて「相続の手続きをお願いします」と全て投げつけられてしまうと、対処のしようがありません。

そこで専門家にお願いする前におさえておきたい、相続の流れについて取り上げます。

まずは、それぞれの専門家について把握しておきましょう。
「相続の専門家」と一言言っても、弁護士・税理士・税理士・行政書士・司法書士と色々です。
相続の手続きが何もかも全てできる専門家はおらず、できることが限られています。

だから相続の手続きを全て専門家に任せるのは、不可能に近いことです。
ネットで探すと「相続の手続きを全て承ります」と宣伝している所も見受けられますが、弁護士・税理士・税理士・行政書士・司法書士が連携を取っているからできることです。

弁護士ができる範囲は、法律に関わることです。
例えば遺言書を作成する際、法律に関するトラブルを予想して作成することができます。
遺言書にまつわるトラブルとして考えられるのが、「遺言書は偽物だ」と相続人の1人が言い出すことです。
被相続人本人に直接聞くわけにはいかないので、本物かどうかを証明するのは難しいです。
でも弁護士であれば、遺言書が間違いなく本物であると分かるように作成することができます。

税理士ができる範囲は、相続税に関わることです。
相続税の支払額は人によっては膨大なものになり、生活に多大な影響を与えてしまう恐れがあります。
でも税理士に任せれば特例適用をフルに活かし、税額を抑え込むことができます。

行政書士ができる範囲は、書類作成に関わることです。
書類作成においてどうしても必要になるのが、相続人調査です。
「誰が相続人になるのか知っている」という声もあるでしょうが、相続が発生した後に新たな相続人が出てトラブルになったケースは少なくありません。
でも行政書士に頼めば、誰が相続人になっているのかを正確に把握することができます。
相続人が正確に分かれば、相続の手続きもスムーズに進むでしょう。

司法書士ができる範囲は、不動産に関わることです。
相続財産の中に不動産が含まれていれば、被相続人から相続人への名義変更が必要です。
名義変更の手続きは非常に難しいものですが、司法書士に頼めば楽に済ませることができます。

相続の手続きに悩んでいるのなら、相続の「何に」悩んでいるのかを把握して下さい。

そして悩みを解決してくれそうな専門家に頼み、相続の手続きを進ませておきましょう。

相続税申告の流れ

ある程度高額な財産を相続した場合、関わってくるのが相続税です。
今回の記事ではこの相続税の申告について、その流れを解説しますので参考にしてください。
相続税の申告をするタイミングは、一般的に相続の一連の流れの中で最後の方になります。
死亡診断書の取得や死亡届の提出、葬儀、遺言状の有無の確認、法定相続人の確認と確定、故人の財産調査、遺産分割協議と相続方法の決定、大まかに相続の流れを解説するとこのようになりますが、相続税の申告はこれらを全て済ませてからスタートすることになります。
“相続税申告の流れ” の続きを読む

相続放棄の流れ

故人と法定相続人の関係性は、多くの場合極めて近しい関係であり、相続人は素直に故人の死を悲しんでいることが多いですよね。
しかし、世の中にはそうでないケースも多々あるものです。
何か特別な事情があり、故人の死を純粋に悲しむことができず、法定相続人ではあっても相続に関わりたくないと思う遺族がいるケースも珍しくありません。
故人に負債があることが判明している故に、法定相続人がそれを相続したくないと考えるケースもあるでしょう。
それぞれに事情は違いますが、法定相続人が相続を拒否したいと望むケースは決して珍しいものではありません。
そんなときに選択肢として選ばれるのが、相続放棄なのです。
“相続放棄の流れ” の続きを読む

相続における遺産分割調停・審判の流れ

普段は他人事のように思えても、ある日突然目の前に突き付けられるのが相続と言うものです。
前々から相続人が話し合い、十分な時間をかけて協議していれば問題も起こらないかもしれませんが、そうはいかないものですよね。
相続の際、相続人は遺産分割協議を行うことが多いですが、突然のことなので意見がまとまらないことも多々あります。
そんなときに必要となるのが、遺産分割調停、遺産分割審判なのです。
“相続における遺産分割調停・審判の流れ” の続きを読む

相続登記の流れ

相続登記の流れは簡単に言うと、「必要書類を揃えて法務局で登記申請する」という流れになります。
しかし実際には、まず自分の相続がどのようなケースに該当しているのかを確認することからスタートすると言えるでしょう。
相続の形によって必要な書類が全く違ってくるからです。
とくに特別なことはなく、法定相続人が法定相続分の不動産を相続するケースが一番多いですが、そうでないケースも多々ありますよね。
遺産分割協議によって法定相続分を修正して相続するケース、遺言状が遺されておりそれに基づいて相続するケースなどもあるのです。
“相続登記の流れ” の続きを読む

相続の前段階の流れと役所への死亡届

身内が亡くなると、それと同時に相続が発生します。
相続の流れは相続人が相続するか否かの決定をし、遺言状の有無を確認し、法定相続人を確定するなどしてから始まりますよね。
しかし、このような相続の流れは、一般的に葬儀や埋葬などを済ませてから本格的にスタートさせるものです。
役所への死亡届提出も、相続をスタートさせる前に行わなければならない手続きの一つであると言えるでしょう。
今回は主に被相続人が死亡して最初に行うべき部分について解説します。
“相続の前段階の流れと役所への死亡届” の続きを読む