相続登記の流れと司法書士

相続の流れは一般的に、相続するか否かを決定、次に遺言状の確認、法定相続人の確定、遺産分割協議と相続方法の決定、必要に応じた各種手続き、といった流れになります。
相続登記は、この中で言うと最後の必要に応じた各種手続きのうちの一つです。
相続登記とはそもそも、不動産に関わる手続きです。
土地や家屋など、不動産を相続する場合、その名義変更が必要ですよね。
その名義変更が相続登記です。
“相続登記の流れと司法書士” の続きを読む

銀行などの預金相続とその流れ

相続が発生すると行政機関での相続手続きがとても忙しくなりますよね。
相続放棄や限定承認を選択したいという法定相続人がいた場合にはなおさら大変になります。
しかし、相続で必要になるのはそのような行政機関での手続きのみではありません。
銀行など金融機関での預金相続の手続きも必要になります。
今回はその流れについて解説します。
“銀行などの預金相続とその流れ” の続きを読む