相続手続きに必要なこと一覧

相続

相続手続きをする上で、必要な手続きや申請も多々あります。
しかし、その手続きや申請について知っている方は、おそらくほとんどいないでしょう。
そもそも相続をする機会が人生でも、多くて一度や二度です。
場合によっては三度ほどあるかもしれませんが、自分に直接関わりがある相続に関しては、ほとんどないというのが現実なのではないでしょうか。
実際に近年は相続するものがそもそもないという方も多いですし、相続よりも借金やローンがあって相続放棄するという方も増加傾向にあります。
その結果、やはりどうしても相続に関する知識を付けようとは思いませんよね。
ただ、知識があれば節税することも可能ですし、場合によっては得をするということもあるかもしれません。
そこで、まずはどのような手続きが必要なのかについて、知っておくことが重要です。
ここでは申請についての一覧というよりは、必要なことをまとめていきます。

まず、相続手続きで必要となるのが、もらえる手続きです。
相続人として被相続人から色々と遺された場合、その中からもらえるものをピックアップして相続していくということも可能となります。
もちろん、相続するからには、必要なものをすべて相続する必要もあるのですが、このもらえる手続きをしっかりしておくことで、国に搾取されることなく得ができます。
次に必要となってくるのが、引き継ぐ手続きです。
こちらは被相続人が所有していた住宅や土地、車などを引き継ぐための手続きとなります。
これをやっておかないと所有権が相続人ではなく、被相続人のままになってしまうので注意が必要となってきます。
当然ですが、被相続人が亡くなっているのですから、所有権も相続人に引き継ぐことが必要となってくるのです。
その他、やめる手続きも必要となってくるでしょう。
例えば、被相続人が加入していた保険などはもちろん、その他の契約などに関しても、やめる手続きを取っておくことが必要となります。
最後に、専門家に依頼する手続きもチェックしておきましょう。
相続手続きの場合は、必要となる書類もあり、専門家でなければ取得できないものがあります。

基本的にこの手の手続きに関しては、わからないことも多いでしょう。
その場合は、まずは色々な専門家に相談することをおすすめします。
司法書士をはじめ、行政書士や弁護士、税理士などを活用すると良いでしょう。
まずは専門家に相談して、問題を解決していきましょうね。